読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青汁との生活

おすすめの青汁をご紹介。新聞広告など。

青汁の正しい飲み方

青汁を飲む時間やタイミングを考えると、青汁の効果をより高められるのです?
青汁は栄養価の高い飲み物!!
だから、野菜の力を発揮できる時間帯に飲みましょう。


医師がおすすめする、目的に合わせた青汁のタイミングや注意点を確認してみましょう。

青汁は野菜不足の食生活をカバーでき、野菜の持つパワーを余すことなく届けることができる人気の飲み物です。


栄養価の高い飲み物なので、その効果をしっかり得なければもったいないです。

では青汁の効果を十分に得られるタイミングとは、いつなのか?

酵素を作るかどうかは遺伝子が決めています

酵素を摂ったからといって体内酵素が増えるわけではありません。

「いま飲んだ酵素を、体の中で作って!」と遺伝子に指示を出すのは不可能。

どんな酵素を作るか?

それは、状況にあわせて細胞の中にある遺伝子が決めてくれます。

 

足りない酵素を補うために酵素を飲むわけですね。

体内で酵素がそのまま吸収されていくように思ってしまいますが、

酵素アミノ酸(ペプチド)→吸収→酵素に使うかどうか遺伝子が決める」

んですね。

 

酵素アミノ酸の補給にはつながります。 タンパク質が足りないと思ったら、代わりに酵素を飲むのも良いでしょう。

酵素と青汁どっちが良い?

酵素と青汁はどっちが良いのでしょう?
じつは、
酵素青汁が良いんですね!
酵素青汁とは、名前の通り青汁に酵素を加えたもの。

酵素を飲んだら吸収されて、体内酵素が増え、活性が強くる、そして、美肌にダイエットに・・・。

なんてことには絶対なりません。

だって酵素はタンパク質なので、飲んだらアミノ酸やペプチドに分解されてしまいます。
アミノ酸として吸収されて、体内で元の酵素を再合成!」
なんていうのもムリ。

忙しいときの朝食代わりに飲もう

朝食はしっかり食べるのが理想でも、忙しくて『朝は牛乳だけ』や『朝は食べない』という人も多いですよね。

何も食べないよりは青汁を飲むほうが良いんです。
『1日3食+青汁』を基本に、時には置き換えるのもアリでしょう。

青汁ダイエットは毎日続けることが大事。

今日は飲むけど明日は飲まない、なんてことのないように。
青汁の匂いや苦味が苦手という人は、甘味料としてはちみつを加えたり、水ではなく豆乳や低脂肪牛乳で作るのもおすすめです。

 

青汁ダイエットは、無理な食事制限なし

青汁ダイエットの効果は健康に痩せるということ。
美味しさはシェイクの方が上かもしれません、でも、青汁は栄養素が高いのでむくみや便秘解消にも効果的です。


『青汁ダイエット』は、無理な食事制限なしで健康的に痩せる!というのが特徴のダイエット方法です。

青汁がダイエットに良い理由は、青汁に含まれる豊富な栄養素にあります。
食物繊維酵素というダイエットに欠かせない栄養素がたっぷり。

青汁は『緑の野菜』と言われるケール・大麦若葉・明日葉・ゴーヤなどから作られています。

これらの緑の野菜には、食物繊維酵素、ビタミンやカリウムなどが豊富に含まれています。
なので、便秘やむくみの改善に良いんですね。

『1日1杯の青汁を、好きなタイミングで飲む』だけで実感できると思います。
小腹がすいたときの間食代わりに飲む、食事の前に飲む、そんな自分の好きなときでOKなのです。